« 宮崎の海岸シンポジウム2012 報告 | トップページ | 日本初の砂袋護岸 »

2012年2月17日 (金)

◆市民調査◆ 砂の粒径

 

 

 砂浜の砂と言うと、指の間をサラサラとこぼれ落ちる細かい砂を連想します。いつも行っている浜の砂つぶは、どれくらいの大きさなのだろうか、どれくらい粒の大きさが揃っているのだろうかと思い、粒子の大きさを調べる篩(ふるい)を使って、住吉海岸動物園東の波打ち際の砂の大きさを調べてみました。

 

 プラスチックの容器(深さ4.3cm)をさかさにして波打ち際の浜の表面に押し込み、押し込んだまま蓋(ふた)をして持ち帰り、真水で洗ってから浅い容器に広げて乾かし、ステンレス製の篩でふるいました。篩は、網目の大きさが違うものを縦に6個つなげられるようになっています。1回目は201110101240分(大潮の干潮時)、2回目は2012111155分(中潮の干潮と満潮のあいだ)に、それぞれ波打ちぎわで3ヵ所ずつ(1.5mくらい離れた場所)砂を採集しました。1個の容器には、1回目は450500グラムぐらい、2回目は460470グラムの砂が入りました。

 

Imgp2575

砂浜の表面にプラスチックの容器をさかさまにして押し込んだ

 

Imgp2158

採集した砂を窓際で乾かし、手前の篩でふるった。

篩の目の大きさは、上から2 mm1 mm500μm(0.5 mm)250μm106μm53μm

 

 

Imgp2157

篩をばらしてみた。

 

 

 砂をよくふるってから、それぞれのふるいに残った砂の重さを測り、粒子の大きさごとの重さをグラフにして比べてみたところ、大潮の干潮のときの波打ち際の砂は粗くて礫(れき)が多いのに驚きました(直径2mm以上の粒子は「砂」ではなく「礫」と呼ぶ)。2回目は、もっと浜の高いところの砂を採取することになったのですが、こちらは粒子が細かく、大きさがよく揃っていました。

 

111010_4

2011年10月10日 10:40 (大潮の干潮)   

 

 

120111

2012年1月11日 15:05(中潮の干潮と満潮のあいだ)

 

 

 

 住吉の浜では、川の砂を運んできて足りない砂の補給する工事(養浜)がおこなわれています。川の砂には砂利が混じっているので、砂浜も砂利が混じるのかと思いましたが、浜の高いところは、そうでもないようです。大潮の干潮という、一番波が引いたときの波打ち際の粒子が粗いのは、川の砂を入れた影響なのか、もともとそういうものなのか、どうやって調べようかと思案中です。

 

 

« 宮崎の海岸シンポジウム2012 報告 | トップページ | 日本初の砂袋護岸 »