« 2009年1月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年2月

2009年2月16日 (月)

宮崎の海岸シンポジウム報告

 

2月1日の「宮崎の海岸シンポジウム」には、砂浜の侵食問題に関心がある、およそ150名の方々がお集まりくださいました。ありがとうございました。

5名の講演者には約20分の講演をお願いしました。宮崎の海岸のなりたちや、侵食の原因、日本の各地の事例・対策、海岸利用者の思い、住吉海岸で行なわれている侵食対策。内容は多岐にわたりましたが、さまざまな立場の考え方を聴くことができました。それぞれの講演のあとに15分ほどの質疑応答の時間をもうけました。質問や意見など、参加者も交えた活発な意見交換が行なわれました。講演内容や質疑応答の詳細を記録として残したいと検討中ですが、とりあえず、シンポジウム当日のスライドを公開いたします。

http://teruhanomori.com/sunahama2009/sinpo2009.index.html

  

参加者には、下記の資料を配布いたしました。

・ 清野聡子さんの参考資料(PDF 108KB)

・ 日本自然保護協会の『海岸植物群落からみた海岸白書』(リンク)

・ 国土交通省宮崎海岸出張所の「宮崎海岸についてのご意見投稿用紙」

・ ひむか砂浜復元ネットワークの『宮崎の砂浜はとりもどせるか』(PDF 941KB)

  

2月18日(水)には、夜7:00から住吉公民館で、市民と行政の海岸勉強会(案内PDF 94.8KB) が開催されます。 どなたでもご参加いただけますので、行政に市民の意見を伝えていくきっかけにしていただけたらと思います。

 

« 2009年1月 | トップページ | 2009年7月 »