« 2008年9月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月18日 (木)

三浦先生を囲んでの勉強会

2008年12月7日(日)   市民プラザ会議室

「宮崎の海岸侵食問題」

参加者 10名

 宮崎平野は隆起性の海岸平野です。ところが、宮崎県環境白書(2007)を見ると、一ツ瀬川と大淀川の中間地帯では、ここ22年間で地盤が10cmから18cm沈下したことが記されています。地盤沈下の原因として考えられるのは、地下水の採取です。この地域では、浅いところから一般的な地下水が汲み上げられて養鰻(ようまん、ウナギの養殖)に使われ、深いところ(地下1000mくらい)から古代の水が汲み上げられてヨードとメタンの採取に使われています。

 また、河川や岩礁域からの土砂供給がなくなったことも災いしています。河川のダムが水だけでなく土砂もとめてしまい、海岸の沿岸の構造物は、浜に沿って流れる砂の動きを止めてしまいました。

 砂を移動させるのは、川の水や沿岸の潮の流れだけではありません。砂浜に打ち上げられた砂は、風で内陸へも飛ばされます。健全な砂浜では、海岸植物が砂を受け止め、砂丘をつくります。台風などの波が高い時には、この砂丘の砂が波に持っていかれて海底に移動し、波がおだやかになるとまた打ち上げられて砂浜を広げます。鳥取県では、砂浜侵食について、「構造物の設置を要しない対応策」を本質的な対策と位置づけ、「構造物の設置による対応策」は、周辺に与える影響を考慮して必要最小限にするとしています。

http://enshu.tutrp.tut.ac.jp/contents/result/dl_files/yasumoto_20070114.pdf#

 

 宮崎の住吉付近でも砂浜侵食が進みますが、幸運なことに、陸の背後地は広い保安林です。海岸林を減らしてでも砂丘を復活させるのが、砂浜復元や、今後心配される海面上昇への対応の鍵となるのではないかというお話でした。

Imgp2834

 

 

2008年12月17日 (水)

住吉海岸侵食対策問題のその後

 

住吉海岸の侵食対策については、市民と行政のやりとりが続いています。ブログに報告を載せる余裕がなくなり、長らく沈黙してしまい、申し訳ありませんでした。

まずは、その後の経緯を以下に列挙します。宮崎河川国道事務所海岸課が、議事録を作ってくださっているものはリンクを貼ります。

 

2008年6月4日 第6回海岸勉強会(参加者45名)

 宮崎海岸の事業予定について

     (宮崎河川国道事務所 杉山海岸課長)

 県施工(海岸事業)・離岸堤について

     (宮崎県河川課 明比副主幹)

 

2008年7月9日 第7回海岸勉強会(参加者50名)

 港湾および宮崎港の役割と浚渫について

http://www.qsr.mlit.go.jp/miyazaki/html/kasen/sskondan/benkyo/pdf/info07.pdf

 

2008年8月7日 第8回海岸勉強会(参加者48名)

 離岸堤および港湾についての質疑応答の続き

http://www.qsr.mlit.go.jp/miyazaki/html/kasen/sskondan/benkyo/pdf/info08.pdf

 

2008年8月20日 第5回宮崎海岸懇談会(参加者49名)

 今年度の試験養浜についての説明・質疑応答

http://www.qsr.mlit.go.jp/miyazaki/html/kasen/sskondan/conference/pdf/05/gijiyoushi_05.pdf

 

2008年8月28日 第4回宮崎海岸侵食対策検討委員会

 今年度の試験養浜について

 配布資料

http://www.qsr.mlit.go.jp/miyazaki/html/kasen/sskondan/shinsyoku/pdf/04/02.pdf

http://www.qsr.mlit.go.jp/miyazaki/html/kasen/sskondan/shinsyoku/pdf/04/03.pdf

 議事録

http://www.qsr.mlit.go.jp/miyazaki/html/kasen/sskondan/shinsyoku/pdf/04/04.pdf

 

2008年9月9日 第9回海岸勉強会(参加者55名)

 海岸植生、保安林について (宮崎県環境森林部自然環境課)

http://www.qsr.mlit.go.jp/miyazaki/html/kasen/sskondan/benkyo/pdf/info09.pdf

 

2008年10月12日 第10回海岸勉強会(参加者45名)

 現地を歩きながらの質疑・懇談 

     (石崎浜荘からレストハウス)

http://www.qsr.mlit.go.jp/miyazaki/html/kasen/sskondan/benkyo/pdf/info10.pdf

 

2008年11月6日 第11回海岸勉強会(参加者47名)

 防潮林についての続き(県自然環境課は欠席)

 宮崎平野と住吉地区 (甲斐亮典氏)

  (宮崎平野の地形、前浜と砂浜が伝えている意味、海岸林の変遷など)

http://www.qsr.mlit.go.jp/miyazaki/html/kasen/sskondan/benkyo/pdf/info11.pdf

 

2008年12月16日 第12回海岸勉強会(参加者58名)

 サーファーから見た砂浜(住吉海岸を守る会 川崎)

 

« 2008年9月 | トップページ | 2009年1月 »