« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月18日 (金)

『宮崎の海岸』 第7号

当ネットワークのメンバーが作っている海岸情報誌『宮崎の海岸』の7号をPDFファイルで閲覧できるようにしました。今号は、ヘッドランド建設が計画されている大淀川から一ツ瀬川にかけての砂浜についての特集です。

http://outdoor.geocities.jp/savethebeach1173/miyazaki_kaigan.pdf

宮崎の海岸 7号 目次

 ・ 砂浜復元

 ・ 宮崎港と宮崎空港滑走路

 ・ 地上から見た茨城県鹿島灘のヘッドランド

 ・ 【浜の歴史シリーズ】 

     青島~小丸川 120年前の海岸線

 ・ 【海岸動物】 

     ハマグリ

 ・ 【雑誌の紹介】 

     「世界」 2007年7月号 特集「川が市民から奪われる」

  

2008年1月15日 (火)

第2回海岸勉強会 報告

昨年の11月から、行政と住民が共同で運営していく勉強会が始まりました。行政と住民の対話を通じた良好な関係を目指す当ネットワークは、積極的に関わっていきたいと考えています。

 

11月14日 海岸勉強会準備会 (参加者約20名)

<話し合いの内容・決定事項>

 ・ 月に1度行なう(平日の夜)

 ・ 会場は原則として宮崎市住吉公民館にする

 ・ 参加はだれでも自由にできる。

 ・ 内容は、その都度話し合いで決めていく

 ・ テーマの提案

 

12月15日 第1回 海岸勉強会 (参加者約30名)

<テーマ: 予算要求の流れ>

   説明: 国土交通省宮崎河川国道事務所調査1課

        宮崎県河川課

<勉強会運営についての話し合い>

 ・ 目的は、最終的に議論を行なうための情報を皆で共有すること。

 ・ 前向きな議論をするために、誰かを悪者にしたり糾弾はしない。

 ・ 参加者が自主的に企画する催しの情報の告知

   (チラシの配布など)は構わない。

 ・ 運営形態について議論

 

1月15日 第2回 海岸勉強会 (参加者約35名)

<テーマ: 海岸侵食対策事例の紹介など>

  説明: 国土交通省宮崎河川国道事務所 

       宮崎県河川課 参加者

<次回以降のテーマについて>

 

2008年1月 8日 (火)

第2回 住吉海岸検討委員会傍聴報告

住吉海岸の侵食対策を検討する国交省主催の検討委員会が開かれました。今回は環境の状況の説明が中心でした。昨年9月に開かれた第1回はマスコミ公開だけでしたが、今回から一般傍聴が認められました(36人まで)。

詳しい内容は、下記サイトをご参照ください。

宮崎道々新聞

http://miyamichi.blog51.fc2.com/blog-entry-202.html

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »