« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月21日 (金)

宮崎市北部海岸の侵食対策予算内定

 宮崎市北部の住吉・佐土原海岸の砂浜侵食が進む問題について、国土交通省宮崎河川国道事務所がヘッドランドなどの人工構築物と砂を運び入れる養浜をセットにした新規事業の予算を申請していました。12月20日に、財務省から来年度以降の予算の内示があり、この侵食対策事業が内定しました。

 今まで宮崎の海岸を見続けている人の多くは、コンクリート構造物による侵食対策は、景観、生態系、観光といった面を考えたとき、自然豊かな宮崎には似つかわしくないと考えています。侵食が進んでいる原因は、山から海へ運ばれるべき土砂がダムで堰き止められていたり、川の出口に宮崎港や防波堤を作ったことだと言われています。侵食対策として、多額の予算が手当てされるのなら、こういった抜本的な問題にこそ、メスを入れてほしいと思います。

2007年12月15日 (土)

署名が1万266名分集まりました

 自然の砂浜を復元する対策をとってほしいという私たちの主張に、1万266名分の賛同署名が集まりました。2007年12月13日に、宮崎県と国土交通省に、この署名の束を渡しに行き、私たちの思いを伝えてきました。

 国土交通省・宮崎河川国道事務所では、所長さんが多忙でしたので、副所長さんに渡してきました。

 宮崎県知事も県議会中で多忙でしたので、河川課の課長さんに手渡し、知事との懇談の時間を設けてもらうよう、要望書も手渡しました。

 以下に、記事にしてくれた新聞の記事のURLをお知らせします。

 

宮崎日日新聞

http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=4034&catid=74

西日本新聞

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/miyazaki/20071214/20071214_002.shtml

朝日新聞

http://mytown.asahi.com/miyazaki/news.php?k_id=46000000712140003

読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyazaki/news/20071213-OYT8T00756.htm

毎日新聞

http://mainichi.jp/area/miyazaki/archive/news/2007/12/14/20071214ddlk45040107000c.html

« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »