« 2007年8月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年10月

2007年10月28日 (日)

◆砂浜復元のための署名を集めています◆

  

宮崎市北部の住吉・佐土原海岸の砂浜復元を!

  宮崎県には、温暖な気候にはぐくまれた自然豊かな大地があり、太平洋に面した海岸には世界に誇る雄大な砂浜があります。かつて100mも幅があった広い砂浜は、地引網漁や地域の行事も行われる活気ある人々の暮らしの場でした。
 経済の発展に伴い、川にはダムが築かれ、砂浜からは港や空港滑走路が海へ突き出ました。砂や潮の流れが変化した結果、河口付近の砂浜侵食が始まりました。対策として護岸や離岸堤などのコンクリート構造物が次々と造られてきましたが、侵食を止めることはできませんでした。
 現在、宮崎市北部の住吉から佐土原にかけての約7kmの砂浜には、新たに294億円の税金を投じ、ヘッドランド(T字型突堤:写真参照)を7基造る計画が進んでいます。浜から300mも海へ突き出す構造物です。
 すでに導入している茨城県鹿島灘では、外海の荒い波が打ちつけ、複雑な離岸流が発生するため尊い命が失われ、せっかくの浜には立ち入り禁止区域ができています。
 私たちは、人と自然が共生できないヘッドランドのような構造物を設置するような対症療法の対策ではなく、侵食の原因を追及し、抜本的な対策をもって砂浜が復元されることを切望します。そしてそれが、行政と住民との対話を通して行われることを求めます。
 「宮崎の美しい砂浜を復元させ、次世代に残す」という新しい構想に、みなさまのご賛同をお願い申し上げます。

2007年10月

ひむかの砂浜復元ネットワーク(代表 林裕美子)

◆署名用紙ダウンロード◆

http://outdoor.geocities.jp/savethebeach1173/sumiyosi_sadowara.html

◆オンライン署名◆

http://outdoor.geocities.jp/savethebeach1173/e-signature.html

◆電子メール署名◆

ご住所とお名前をご記入のうえ、beach_shomei@yahoo.co.jpにお送りください。コメントもいただけるとうれしいです。

*文例***************************

コンクリート構造物による侵食対策ではなく、原因究明をおこなった上で抜本的な対策がとられ、行政と住民とが一緒になって宮崎の美しい砂浜を復元させるという構想に賛同します。

ご住所

お名前

その他コメント

********************************

2007年10月27日 (土)

佐土原・住吉海岸における侵食対策事業に関連する資料

佐土原・住吉海岸における侵食対策事業に関連する資料をまとめます。とうぞご参照ください。

http://outdoor.geocities.jp/savethebeach1173/sumiyosi_sadowara_siryou.html

2007年10月25日 (木)

住吉海岸シンポジウム

日時: 平成19年10月28日(日) 10:00~12:00

場所: 住吉公民館内ホール

参加費: 無料

主催: 住吉海岸を守る会

内容 ◆ 住吉海岸の現状説明

    ◆ 守山倫明氏講演 

       (サーフライダーファンデーションジャパン代表)

      『日本の海岸事情をサーファーの視点から考える』

    ◆ 籠橋隆明弁護士講演 

       (『自然の権利』確立のために精力的な活動を展開中)

      『砂浜は誰のものか法律的視点から考える』

    ◆ ディスカッション

      守山倫明氏、籠橋隆明弁護士、林裕美子氏

« 2007年8月 | トップページ | 2007年12月 »