トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月 8日 (日)

佐土原・住吉海岸ウォッチング

日時: 2007年7月8日(日) 9:00~12:00

集合場所: 宮崎サンマリーナ駐車場

内容: 宮崎港から石崎浜までの砂浜を5箇所くらい見学

6月下旬に行われた国土交通省・宮崎県・宮崎市主催の「住吉海岸(仮称)懇談会」で、シーガイヤ前浜から石崎川左岸にかけての砂浜に、7基のヘッドランド(沖へ300m突き出すT字型コンクリート突堤)を300億円かけて建設する計画が提示されました。

宮崎市北部の海岸は、かつては美しい広大な砂浜でしたが、現在では構造物の建設に伴い、海岸の侵食が急激に進みました。そこへ新たな消波堤や護岸の建設で、アカウミガメの産卵ができなくなる場所が広がるなど、宮崎の自然がどんどん減少しています。

そこで、宮崎の砂浜を見つめなおそうと、まず、「佐土原・住吉海岸ウォッチング」を企画し、現状をこの目で見ることにしました。

2007年7月 1日 (日)

活動の趣旨

宮崎県の砂浜は、かつては、世界に誇れるような美しい砂浜ばかりでした。山からの土砂を川の水が海まで運ぶことで出来上がった宮崎の宝です。

ところが、人の生活が便利になってくるにつれ、川にはダムが造られ、河口には港が建設され、山からの砂が海岸まで届かなくなりました。ここ数十年、砂浜はやせ細る一方です。荒々しい波から付近の住宅や道路を護るために、次々と護岸や突堤が建設されてきました。一ツ葉海岸から一ツ瀬川にかけての砂浜には、新たに巨大なヘッドランド(T字型突堤)建設の計画まで持ち上がっています。

波の力を弱めるには、広い砂浜が一番効果があるとされています。また砂浜は、さまざまな植物や動物をはぐくむ豊かな生態系でもあります。見渡す限りの砂浜を取り戻したい。時間がかかっても、みんなで智恵を出し合えば実現できるのではないか。【ひむかの砂浜復元ネットワーク】は、そのような思いを抱えた人達が集まって、情報を交換し、勉強し、砂浜復元に向けて活動していくためのネットワークです。

トップページ | 2007年8月 »